2-1.プロセスの機能について

業務プロセス編

SmartDBのプロセス機能を使うと、業務プロセスを自動化できます。プロセス機能を使って、購入申請業務を自動化してみましょう。

文書管理編で作成した[購入申請]バインダの文書を、ワークフローとして運用していきます。業務整理編でまとめた業務の流れをそのまま”フロー“として作成できます。

プロセス構築の手順

プロセス作成手順は下記のようになります。

ワークフロー情報の整理

業務の手順、担当、遷移先をフロー図にまとめよう。

  1. 実行するアクションの流れを洗いだします。
  2. 各アクションの担当を書き出します。
  3. それぞれのアクションを業務の流れに沿って矢印でつなぎます。「承認/差戻」で分岐が発生する部分には、分岐に応じた矢印を引きます。

ワンポイントアドバイス

プロセスの設計を考えるのは大変だけど、手順や担当などの整理ができるwan!
最初は手書きでいいから書き出すことが大事だよ。

2.FAQを作ってみよう