【部品制御】入力値チェック機能 設定編

【部品制御】入力値チェック機能 設定編

この章では、入力値チェック機能の設定について説明します。

以下の順で設定をおこないます。

  1. 「対象部品」は、入力値をチェックしたい対象の部品を選択します。
  2. 「チェック実施条件」には、どんな場面でチェックが実行されるかの条件を設定します。
  3. 「トリガー部品」は、「チェック実施条件」で設定したフィルタにあわせて自動的に設定されます。
  4. 「チェック内容」は、実際に入力値をチェックする条件や、画面に表示させるメッセージを設定します。

「チェック実施条件」を設定せず、無条件で特定部品の入力値チェックを設定することも可能です。
ぜひ、お試しください。

関連動画

【部品制御】概要編~Part1~

【部品制御】概要編~Part2~

【部品制御】レイアウトブロック表示制御編

【部品制御】必須入力制御編

【部品制御】入力値チェック機能 概要編

 

0