2-6 バインダ属性を使ってみよう 2_既読未読&カウンター機能

バインダ属性を使ってみよう_既読未読とカウンター機能編

この章では、バインダ属性の設定を利用してユーザが使いやすいようにカスタマイズを行います。
今回は「既読未読機能」と「カウンター機能」について説明します。

※このトレーニングでは「SmartDB Ver.4.2」を利用しています。
Ver.4.2以外の環境では、一部画面が異なる場合がございます。

 

まとめ

0