権限の概要

権限の種類

システムの権限

詳細一覧
権限 概要
管理権限ユーザ ユーザ・グループを管理、および他のシステム権限を指定することが可能。
SmartDB管理者 バインダ・アプリ機能の管理者。すべてのキャビネット・バインダ・アプリの管理が可能。
定期処理管理者 各バインダで定義されているジョブを、定期処理として実行させることが可能。
全体プロセス管理者 プロセス機能の管理者。すべてのプロセスの管理が可能。
業務プロセス追加可能者 新規にプロセスの追加が可能。
全体プロセス進行管理者 すべてのプロセスに対し、進行管理権と同等の操作が可能。
決裁構造管理者 決裁構造管理が可能。

データ単位の権限

詳細一覧
  権限 概要
アプリ アプリ管理者 アプリの編集・削除が可能。
アプリ利用者 アプリの利用が可能。
キャビネット 親キャビネット管理者 キャビネット管理者の設定が可能。
キャビネット管理者 管理対象のキャビネット、および直下のキャビネット・バインダの管理が可能。
キャビネット公開先 キャビネットの閲覧が可能。
「配下のキャビネット・バインダに公開先を継承する」場合にはAND条件で継承される。
バインダ 親キャビネット管理者 バインダ管理者の設定が可能。
バインダ管理者 バインダに関するすべての操作が可能。
バインダ設計者 バインダ設計に関わる更新操作が可能。文書に対しての権限は定義に依存する。
文書管理者 バインダの編集ロックやゴミ箱から戻す操作が可能。文書に対しての権限は定義に依存する。
バインダ公開先 バインダ自体の閲覧が可能。文書に対しての権限は定義に依存する。
文書の登録権限 文書の登録が可能。前提として、バインダが閲覧可能である必要がある。
文書の閲覧権限 個別の文書権限に関係なく、文書の閲覧が可能。前提として、バインダが閲覧可能である必要がある。
その他権限 その他、個別の定義に権限を持つ場合もあるが、詳細な説明は割愛。(一括操作やレイアウトブロック権限、ビューの公開先など各種定義に関連する権限 など)
文書 文書の閲覧権限 対象文書の閲覧が可能。前提として、バインダが閲覧可能である必要がある。
文書の編集権限 対象文書の編集が可能。前提として、対象文書が閲覧可能である必要がある。
文書の削除権限 対象文書の削除が可能。前提として、対象文書が閲覧可能である必要がある。
業務プロセス定義 定義閲覧権 業務プロセス定義の閲覧が可能。
定義更新権 業務プロセス定義の更新が可能。
進行管理権 該当の業務プロセス定義から開始されたプロセスの担当者変更および強制終了が可能。
開始権 該当の業務プロセス定義からプロセスの開始が可能。
履歴追加公開先 該当の業務プロセス定義からプロセスの実施履歴の閲覧が可能。
プロセス アクティビティ実施者  自身がアクティビティ実施者となっているプロセスの実施履歴が閲覧可能。
アクティビティ 担当者 アクティビティの実施が可能。
代行者 アクティビティの実施が可能。

※▶をクリックすると一覧が表示されます。

データ単位で権限設定を実施した場合のサンプル

前提となる組織階層

t021.png

キャビネット・バインダ・文書の関係

t022.png

  Aさん Bさん Cさん Dさん
キャビネットの編集
キャビネットの閲覧
バインダの編集
バインダの閲覧
文書Aの閲覧
文書Bの閲覧

文書とプロセスの権限

t023.png

  Aさん Bさん Cさん Dさん
申請文書の閲覧
申請文書の編集 ※1
申請文書の削除 ※2
アクティビティの実施
実施履歴の閲覧 ※3

※1 プロセス回付中の文書は、実施中の担当者以外は編集できない。
※2 プロセス回付中の文書は削除できない。
※3 実施履歴は、原則としてプロセスに関わっているユーザのみ閲覧可能。

0