プロセスの各種アクティビティについて

Q

プロセス定義のアクティビティには様々な種類がありますが、どのような違いがありますか

A

SmartDBにはユーザ自身が承認などの操作を行ったり、ロボットを使用して
自動でステータスの変更・文書作成などを実行できるアクティビティが5種類あります。

アクティビティ名 特徴
汎用アクティビティ プロセス中の担当者が処理・操作を行う際に際に利用するアクティビティです。
承認アクティビティ 承認に必要な「承認」「否認」「差戻し」ボタンとイベントハンドラがあらかじめ定義されているアクティビティです。
※承認処理の設定があらかじめ定義されている以外は汎用アクティビティと機能の差はありません。
汎用ロボット プロセス中で自動処理(ステータス変更など)・自動分岐(遷移先判定)する際に利用するアクティビティです。
文書作成ロボット 汎用ロボットの機能に加え、SmartDBバインダと連携してSmartDB文書を自動生成するアクティビティです。
プロセスの開始バインダとは別のバインダへのデータのコピーも可能です。
サブプロセス起動ロボット サブプロセスを起動するためのアクティビティです。このアクティビティに遷移するとサブプロセスが起動し、プロセスを同時並行で進行させることが可能です。
詳細は『リファレンスガイド サブプロセス編』を参照してください。

※「アクティビティ」とは業務プロセスで担当者となるユーザに操作(承認、差戻しなど)を求める際に用い
「ロボット」は業務プロセス中で自動処理を行う際に用います。

補足

各アクティビティ詳細設定は下記をご確認ください
プロセス作成ガイド_汎用アクティビティnull
プロセス作成ガイド_承認アクティビティnull
プロセス作成ガイド_汎用ロボットnull
プロセス作成ガイド_文書作成ロボットnull
リファレンスガイド~サブプロセス編~_サブプロセス起動ロボットの設定null