業務デジタル化は現場から

SmartDBはこれまで多くの企業で、基幹業務に限らず各部門のあらゆる業務で利用されています。
プログラミングの知識がなくてもノーコード・ローコードで開発が可能で、現場スタッフ自身で開発できるからです。

あらゆる業務に対応可能

 

SmartDBを利用した業務デジタル化は、あらゆる部門で可能です。

ワークフローを利用することで紙やハンコが不要となり、他部門との連携も管理しやすくなります。
また、急ぎで承認が必要な稟議もSmartDBモバイルアプリを活用することで迅速化します。

SmartDBを利用している主な業務

部門 主な業務内容
部門共通 会議室予約・取引先マスタ・顧客マスタ・会議資料管理 など
人事・労務 目標管理・住所変更・人事異動通知・人事発令・時差勤務申請 など
総務・法務 ICカード付属品申請・端末管理台帳・全社掲示板・社内規約管理・稟議申請 など
お客さまサポート 問い合わせ管理・商品FAQ・お客様の声 など
広報・マーケティング 広告審査申請・イベント管理・リード管理 など
営業・販売 営業レポート・案件管理・製品資料管理・提案書管理 など
財務・経理 交通費精算・経費精算・購入申請 など
IT・情報システム システムFAQ・アカウント申請・課題管理 など
開発・製造・生産 新商品アイデア管理・製品ドキュメント管理・ヒヤリハット管理 など

※主な業務についてはSmartDBで使えるテンプレートをご用意しております。

SmartDBだからできること

SmartDBが多くの企業の現場で幅広く利用されているのには理由があります。
個々のExcelでの管理でどのファイルが「正式」なのかわからない、大切な書類が見つからない、
急ぎで稟議が承認者の出張等で進まないなどの「困った」を解決します。

Excelで管理される業務には、よく見受けられる共通の課題があります。
共通利用が見込まれる情報を編集可能な状態で散在させるのは不安要素があります。
同じような情報を各部門で保持していたり、上書きで更新をかけたりすると最新の情報が先祖返りすることもあります。
共通利用する情報は1ヵ所に集約し、他の場所で使うときにはリンクを添付するなどの編集をさせない工夫が必要です。

SmartDBなら部門間で共通した情報を一元管理することで、他のユーザーが更新中の場合には
ロックをかける・更新履歴の確認が可能となり、常に最新版の状態を保つことができます。
また、情報の蓄積に加えインターネットやクラウドを通じての円滑な連携が可能で、1ヵ所に集めた情報を
他の台帳の必要な場所に表示させるような仕組みも容易に作れます。
SmartDBを活用することで、メンテナンス時間も削減・情報の整合性や鮮度も一定に保たれます。

SmartDBを利用すると

SmartDBを利用して喜ばれている機能

SmartDBを長く利用されているお客さまに、特に下記のようなことが喜ばれています。

※詳しい機能については下記をご覧ください。