文書を見つけやすくしたい!:部品書式

SmartDBで文書を作成し、管理・運用する際に「たくさんの文書の中から見るべき文書が一目でわかるようになると良いな」と思ったことはありませんか?
こちらの記事では、部品書式を使って文書を見つけやすくする方法について、ご紹介いたします。

マーク定義を使って文書を見つけやすくする方法についてはこちら
文書を見つけやすくしたい!:マーク定義

目次

部品書式について

部品書式で指定した条件に合致した場合に、該当項目のフォントサイズや背景色を変更することができます。
設定した書式は、文書一覧画面・文書詳細画面で反映され、注目してほしい項目を明示することができます。

使用例)優先度の部品で「高」のステータスが選択された場合、部品Aのフォントや背景色を変える。


文書詳細画面でも、同様に書式が反映されます。

部品書式の設定方法

※事前に、フィルタ定義で部品書式の設定を反映させる条件を設定します。

  1. サイドメニューより[部品書式]をクリックします。
  2. [部品書式を追加]を押下します。

  3. [部品]タブで、書式を反映させる部品を選択します。

  4. [条件]タブで、事前に設定した「部品書式設定を反映させたい条件」のフィルタを選択します。

  5. [書式]タブで、部品に反映する書式を設定します。
    左側から予めシステムで指定された書式を選択するか、右側で書式をカスタム設定することが可能です。
  6. [設定]を押下します。

  7. 有効欄にチェックが入っていることを確認し
  8. [保存]を押下します。

部品書式のまとめ

  • 部品書式で指定した条件に合致した場合に、該当項目のフォントサイズや背景色を変更することができる
  • 設定した書式は、文書一覧画面・文書詳細画面で反映され、どこを確認すべきかの指標になる
  • 部品書式はデフォルトの設定以外に、カスタム書式でフォントサイズや背景色を自由に設定できる
部品書式は、文書詳細画面でも反映されるんだね!
書式の反映を項目(部品)毎で選べるのもポイント。マーク定義と上手に使い分けてみてね。

サポート窓口

製品をご利用で、各社お問い合わせ担当者さまは、サポートサイトからのお問い合わせも可能です。

SmartDB サポートサイト
SmartDBをBasicプラン・Professionalプランでご利用されているお客様向けのサポートサイト。

SmartDB サポートサイト(DCS、オンプレミス)
INSUITEを併用してSmartDBをご利用のお客様(DCS、オンプレミス、 SmartDBオンデマンド、SmartDB SL版)向けのサポートサイト。

0