トライアルで始めようSmartDB

SmartDBでの業務アプリケーション作成 4STEP

SmartDBには、すぐにご利用いただけるように、
各業務をイメージしたテンプレートが用意されています。

・ちょっと試しで使ってみたい
・実際どういう動きをするのかみてみたい

という場合には、テンプレートをインポートして使用するのが一番!
アプリケーション作成して使用するまでには、6つのステップがあります。

テンプレートを使用する前の注意点

テンプレートをインポートした後、プロセス定義の再設定が必要になります。
テンプレートをインポートする方法は、2パターンあります。これから紹介する手順にそって
アプリケーションを作成し、実際にワークフローを回してみましょう。

STEP1:テンプレートを選択

テンプレートを選択する方法は2つあります。

【方法1】スタートアップから選択

  1. スタートアップメニューに記載のある「テンプレートを使用する」をクリック
  2. 使用するテンプレートを選択(今回は例で購入申請を選びます。)
  3. 内容を確認して「インポート」をクリック
  4. インポートされる定義が表示されるので、再度「インポート」をクリック
    インポートが問題なく済むと、「テンプレートをインポートしました」の文言が表示されます。


【方法2】バインダ一覧画面から選択

  1. バインダ一覧から、[バインダ作成]ボタンをクリック
  2. 「業務テンプレートから作成する」を選択
  3. ▼をクリックして業務一覧を表示させます
  4. 使用するテンプレートを選択(今回は例で商品FAQを選びます。)
  5. インポートされる定義が表示されるので、再度「インポート」をクリック
    インポートが問題なく済むと、「テンプレートをインポートしました」の文言が表示されます。


STEP2:インポートされたプロセス定義の再設定

プロセス定義には、「ドラフト版」と「正式版」があり、正式版として公開しないと
実際の業務で使うことはできませんので、ご注意ください。

※ドラフト版と正式版について

  1. サイドメニューの[業務プロセス定義]をクリック
  2. 使用した業務名の左側に表示されている[詳細]ボタンをクリック
  3. 各アクティビティの担当者など設定されているかどうかを確認
  4. 設定内容を確認後、[正式版として公開]をクリック
  5. 正式版として公開しますかとポップアップが表示されるので、[OK]をクリック
  6. プロセス定義が問題なく公開された場合は、基本情報名の横に「正式版、公開」と表示。

STEP3:実際の業務開始までの流れ

プロセスが正式版として公開されたら、バインダを使ってワークフローを回すことができます。
実際に文書を起票して、運用してみましょう。

  1. [新規登録]ボタンをクリック
  2. フォームに内容を入力し[登録]ボタンをクリック
    ※今回、確認者の欄にはご自身のアカウント名を設定してください。

  3. [業務開始]ボタンをクリック
  4. 申請内容を確認し[開始]ボタンをクリックすると、業務が開始された旨の文言が表示されるので確認。

以上で、起票した文書のワークフローが開始されました。

STEP4:開始された業務はどこで確認?

先程の文書登録の際に、確認者欄に自身のアカウントを設定したと思うので、
自身が担当になっているワークフローを確認します。

  1. サイドメニューの[ワークリスト]をクリック
  2. [自分が担当者]タブを選択
  3. 承認したい業務名を確認し処理名をクリック
  4. 表示された文書の内容を確認し[差戻し]か[公開]を選択
以上までが、テンプレートのインポートから、実際に業務フローをまわしてみるまでの一連の手順です。いろいろなテンプレートが用意されているので、試してみてくださいね。
SmartDBには、たくさんの使い方があるんだ。
オンライントレーニングなども用意されているので、試してみてね。

SmartDB カスタマーサクセスガイド
0