バインダ間のデータ連携について​

データ連携について

SmartDBでは、バインダ間でのデータ連携ができます。
承認ルートマスタを作成して各申請書のバインダから「バインダ参照部品」を使用してデータを反映させたり、
必要項目のみコピーして別バインダで新規に文書作成できます。
用途に合わせて連携することで、作業の手間を削減できたり抜け漏れを防ぐことができます。

データ連携方法

 
バインダ参照ボタン
転記のムダをなくしマスタデータを活用できる
 
連携定義
関連する情報を集約できる
 
文書作成ロボット
自動で文書を作成することができる

 

利用シーン

承認ルートマスタと申請バインダを連携する。情報を連携して新規に文書登録したい。

 

バインダ参照部品による評価式でのデータ連携

バインダ参照ボタンと評価式を使うことで、別バインダの情報を参照し表示する。

他のバインダから情報を転記する場合には、バインダ参照部品でマスタと連携しましょう。

バインダ参照ボタン部品設定方法 バインダ参照ボタンnull

 

連携定義によるデータ連携

連携定義により、「案件管理」から「営業レポート」に情報を連携する。

連携定義で関連情報を集約

連携定義設定方法 連携定義null

 

文書作成ロボットによるデータ連携

文書作成ロボットにより、「見積依頼書」から「支払い管理書」に情報を連携する。

文書作成ロボットで新規文書作成

文書作成ロボット設定方法 文書作成ロボット概要null