評価式

評価式は部品(一部)/ 文書タイトル/ イベントハンドラ(文字列評価式)で使用できる関数です。
評価式を使って、文書内の部品を参照/ 自動計算して表示できます。

評価式が使用できる部品

部品
文字列入力ボックス
数値入力ボックス
文章入力エリア(※1)
複数選択
単一選択(項目)
単一選択(メニュー)
入力可能な単一選択(メニュー)
日付選択
アカウント選択(ポップアップ)
ファイルフォルダ
自動採番
自動更新部品
カテゴリ

※1 複数行入力している場合、改行が無視され一行として扱われます。

memo
自動更新部品以外の部品で評価式を使用するためには、部品編集画面の評価式で「利用する」が選択されている必要があります。

評価式を使用するための部品設定


※2~4の項目は評価式が「編集可能」の場合に表示されます。

ユーザによる編集可否を指定
チェックを入れると、文書登録/ 更新時に部品値を編集できます。
手動更新アイコンの表示/ 非表示を指定
チェックを入れると、手動更新アイコンが表示されます。
アイコンをクリックすることで、部品を最新の状態に更新できます。
初期値に対する評価式の実行可否を指定
チェックを入れると、参照する部品に設定されている初期値に対して評価式を実行できます。
参照する部品変更時の更新条件を指定
評価式から参照される部品が更新された場合の更新条件を指定できます。
参照エラー時の処理を指定
参照エラーとなった場合の処理を指定できます。
評価式と実行条件を設定
[設定追加] をクリックすると評価式の設定画面が表示されます。
評価式を設定
① 実行する評価式を設定します。
関数を手動で入力するか、②で選択する関数や④で選択する部品の情報が入力されることで設定できます。
② 使用する関数を選択できます。選択された関数は①に入力されます。
③ 評価式に使用する評価式実行可能な部品を絞り込むことができます。
レイアウトブロックの選択および部品IDや項目名の検索により絞り込んだ結果は、④に反映されます。
④ 評価式に使用する評価式実行可能な部品を選択できます。
部品をダブルクリックで選択することで、①の評価式入力エリアに反映されます。
評価式の実行条件を設定
※条件を設定せずに評価式を登録することもでき、その場合は条件は真として評価式が実行されます

memo

フィルタ定義を選択することで、条件によって異なる評価式を実行することができます。 設定した条件と評価式は、部品編集画面にて一覧表示されます。

条件を満たさない時
チェックボックスの入った評価式で設定されている条件に満たしていない場合の動作を指定します。もともと値が入っていた場合にはそのまま保持するか、クリアにするかを設定できます。
評価式一覧
設定した評価式と設定されている条件が表示されます。
評価式は有効な定義が上から順番に評価され、条件が一致するとその評価式が実行されます。順番は枠の左にあるをドラッグ・アンド・ドロップすることで変更できます。 また、チェックボックスで有効・無効の切り替えが可能です。

関連情報

評価式を活用した税率計算
評価式についてはこちらnull