バインダ属性

バインダ属性はバインダ管理者とバインダ設計者のみ、バインダのサイドメニュー「バインダ属性」より設定できます。バインダ属性では、各機能の利用許可とボタン/ アイコンの表示を設定できます。

印刷
文書や文書一覧の印刷ができます。利用を許可しない場合、ブラウザ機能で印刷しても白紙が出力されます。
情報参照
文書や文書一覧/ ビューの情報を参照できます。
グラフ
文書一覧に表示される文書のうち、集計対象となる部品の値の割合をグラフで表示できます。
一括処理
文書の編集、文書の削除、検索インデックスの再作成について、選択した文書を一括で操作できます。
CSV出力
文書のCSV入出力ができます。操作を行えるユーザを指定できます。
帳票出力
帳票定義により定義されたテンプレートファイルに文書の値を置き換えて出力できます。
文書ロック
文書に更新ロックをかけることができます。ロック中は他のユーザによる更新ができません。
更新履歴
文書の更新履歴を確認できます。
検索条件の保存
検索パネルによく使う検索条件を保存できます。
文書の親子機能
文書に親子関係(階層)を設定でき、ツリー表示できます。
既読未読機能
文書の既読/ 未読がわかるように表示できます。
コメント機能
コメント機能を許可するかどうかと機能の詳細オプションを設定します。
カウンター機能
カウンター機能を許可するかどうかと機能の詳細オプションを設定します。
ゴミ箱機能
文書のゴミ箱機能の使用を許可するかどうかを設定します。
サブフォーム機能
サブフォーム機能の使用を許可するかどうかと機能の詳細オプションを設定します。
※文書の下書き機能が有効な場合には、選択できません。
ファイルダウンロード
ファイルダウンロードの詳細オプションを設定します。
文書の下書き機能
文書の下書き機能を設定します。
文書の改訂機能
文書の改訂機能を設定します。
業務プロセス連携
業務プロセス定義と関連する文書の場合、業務開始ボタンの名称などを設定します。
全文検索
全文検索の対象とするか、対象としないかを設定します。対象としないバインダでは、全文検索が利用できなくなります。
対象としないから対象とするへ変更した場合は、自動的にインデックスが再作成されます。
文書閲覧可能者の表示
文書が閲覧できるユーザ一覧を表示するかどうかを設定します。