バインダ概要

バインダ概要はバインダのサイドメニュー「概要」より設定できます。
Sm@rtDB管理者・当該バインダを管理配下にもつキャビネット管理者・当該バインダ管理者のみ、バインダ概要を編集できます。Sm@rtDB管理者と当該バインダを管理配下にもつキャビネット管理者が設定できるのは、親キャビネット・登録先・バインダ管理者の項目のみとなります。

名前
バインダ名を入力します。全角/半角文字で80文字まで登録できます。
名前(かな)
バインダ名のよみがなを入力します。全角/半角文字で80文字まで登録できます。
バインダ一覧ではかなでソートされ、表示されます。
バインダキー
アドオンで利用するために、バインダを一意に識別するためのキーを設定できます。
説明
バインダの説明を入力できます。2000バイトまで登録可能です。
親キャビネット
バインダを配置するキャビネットを指定します。デフォルトは、バインダ作成時のキャビネットです。
主管部署
バインダの属するグループを指定します。バインダの管理・責任部門を明確にするための項目で、権限を指定するものではありません。デフォルトは、登録ユーザの所属グループです。
文書一覧URL
文書一覧画面へのURLリンクが表示されます。
文書登録URL
文書登録画面へのURLリンクが表示されます。v
バインダ管理者
バインダの管理権限をもつユーザ・グループを指定します。
バインダ管理者はバインダの定義と文書の操作に最大の権限をもちます。
バインダ設計者
バインダの設計権限をもつユーザ・グループを指定できます。
文書管理者
バインダの文書管理権限をもつユーザ・グループを指定できます。
公開レベル
バインダの公開レベルを指定できます。公開先を指定した場合でも、Sm@rtDB管理者・当該バインダを管理配下にもつキャビネット管理者・当該バインダ管理者には公開されます。
コラボレーター
コラボレーターオプションを利用することで、社員以外(協力会社や契約社員など)のユーザが、一時的にSmartDBを利用することができます。 ※詳細は こちらのドキュメントnullをご参照ください。
文書アクセス権限
文書の操作権限を指定できます。
・バインダ更新画面
バインダ設計者
文書管理者
バインダ閲覧可能者
文書登録者
バインダ内の全文書に対して、ロールごとに操作権限を指定できます。
権限の追加 各文書に対して、フォームアカウント選択部品に設定されたユーザー・グループの操作権限を指定できます。
登録権限(追加)
文書アクセス権限とは別に、特定のユーザ・グループに文書の登録権限を追加付与できます。
閲覧権限(追加)
アクセス権限とは別に、特定のユーザ・グループに文書の閲覧権限を追加付与できます。
文書更新情報
文書更新情報(最終更新日時/最終更新ユーザ/登録日時/登録ユーザ)の公開/非公開を指定できます。
文書更新情報を「非公開」にした場合でも、バインダ管理者の文書一覧画面、文書情報画面には更新情報が表示されます。
有効期間
バインダの有効期間を指定できます。有効期間外のバインダは公開レベルの設定に関わらず、バインダ管理者以外からは閲覧不可となります。
編集ロック
編集ロックボタンをクリックすると、他ユーザからのバインダの基本情報・バインダ定義の編集、文書の登録/編集/削除を制御できます。
編集ロック可能ユーザ 当該バインダ管理者、閲覧権限をもつバインダ設計者、閲覧権限をもつ文書管理者
ロック解除可能ユーザ 編集ロックをしたユーザ、当該バインダ管理者、Sm@rtDB管理者
定義ロック
定義ロックボタンをクリックすると、他ユーザからのバインダ定義の編集を制御できます。
定義ロック可能ユーザ 当該バインダ管理者、閲覧権限をもつバインダ設計者、閲覧権限をもつ文書管理者
ロック解除可能ユーザ 編集ロックをしたユーザ、当該バインダ管理者、Sm@rtDB管理者
設計情報
バインダの設計情報(レイアウトブロック数/部品数/ビュー数/フィルタ数)が表示されます。