リスト型部品

リスト型部品機能を使って、文書登録/ 更新時に複数の部品を行単位で追加/ 削除/ 編集できます。
レイアウトブロックの操作メニュー「リスト型部品定義」より利用できます。

memo

文書登録時に部品を行単位で任意に追加できるので、必要な部品の数をフォームにあらかじめ定義する必要がありません。

リストのタイプ
※赤枠内が「編集状態」になります。
  • 最新のリストのみを編集状態で表示
    文書編集時、最新のリストのみ編集状態で表示し、他のリストは閲覧状態で表示します。
  • すべてのリストを編集状態で表示
    文書更新時にすべてのリストが編集できます。<
  • すべてのリストを閲覧状態で表示
    文書更新時にすべてのリストを閲覧のみにできます。
操作メニュー
閲覧または編集状態のリストに表示する操作メニューを指定します。リストのタイプによって、選択可能なオプションが異なります。
編集:編集メニューを表示します。クリックすると編集モードに切り替わります。(編集モードから閲覧モードへの切替えはできません)
削除:削除メニューを表示します。クリックすると行の削除ができます。

memo

リストのタイプによって選択できる操作メニューが異なります。

登録済みリストがない場合
登録済みのリストが存在しない場合の表示方法を指定します。
1行の新規リストを表示する:新規リストを1行表示します。(デフォルト)
追加ボタンのみを表示する:新規リストが無く「追加」ボタンのみを表示します。
固定行
「固定行」をレイアウトブロックに表示します。 従来のレイアウトブロック定義が「繰り返し行」となり、その前後に固定行が追加されます。 これにより、リスト型のヘッダ部分は固定行を配置することで列幅が連動するようになります。
並び順
「リストの昇順または降順を指定します。 追加ボタンは、昇順の場合下部に、降順の場合は上部に表示されます。

繰り返し行での対象部品

全部品タイプ 設定 評価式の設定 参加可能な繰り返し行内の部品 行/普通のレイアウトブロック内の部品
ラベル × × ×
デザインイメージ × × ×
デザインリンク × × ×
文字列入力ボックス
数値入力ボックス
文章入力エリア
リッチテキスト × × ×
複数選択
単一選択(項目)
単一選択(メニュー)
入力可能な単一選択(メニュー) × × ×
単一選択(メニュー)
ファイルフォルダ × × ×
画像 × × × ×
アカウント選択(ポップアップ)
アカウント選択(メニュー) ×
リンク × × × ×
文書リンク × × × ×
バインダリンク部品 × × × ×
自動採番 × × × ×
バインダ参照ボタン × × ×
自動更新部品
カテゴリ × × × ×
アクション部品 × × × ×
実施履歴 × × × ×

リスト型部品定義時の注意事項

運用中のバインダでリスト型部品の再定義にあたって、以下の点に注意してください。

リスト型部品定義タイプのレイアウトブロックは通常の部品とはデータ構造が異なるため、リスト型部品を定義するレイアウトブロックに既に部品が定義されている場合、または通常のレイアウトブロックからリスト型部品定義タイプのレイアウトブロックに部品を移動する場合は、既存データは参照できなくなり、新たな部品として新たな部品IDで同じ部品が配置されます。

※新規フォーム作成時は定義チェックをしていません。編集時のみのチェックとなります。