時差勤務申請

概要

従業員が時差勤務時間を申請できるバインダ定義とプロセス定義のテンプレートです。
必須入力や営業日のチェックを行っているため、入力ミスによる手戻りの削減が見込めます。
また、超過勤務時間を入力できるため、勤務時間を超過した申請の抽出が可能です。
以下は当テンプレートの特徴や活用のメリットです。

定義

※ダウンロードした定義ファイルは、展開せずに「SmartDB」にインポートしてください。

時差勤務申請download.jpg

使い方

申請書内に必要な情報を記載して申請書を登録します。
申請者が、任意で上長と人事部門承認者を選択します。
業務開始することで、承認者にワークフローが回付されます。

超過勤務のある申請は、設定されたビューで一覧を確認することができます。

時差勤務申請ワークフロー

業務開始ボタンを押すと、自動でステータスを変更し、
以後アクティビティが進むごとに自動でステータスが進むように、各アクティビティでイベントハンドラが設定されています。
全アクティビティの担当者へ通知されるように設定されています。

利用上の注意

時差勤務申請用テンプレート全体の注意点

時差勤務申請バインダ

時差勤務申請ワークフロー

0